前へ
次へ

転勤族にとっては賃貸マンションか購入か

転勤族にとって、住む家を賃貸マンションにするか、思い切ってこうに購入するかの判断は迷うところです。夫

more

賃貸マンションで一人暮らし

田舎の実家から上京してきた女性が賃貸マンションを探すとき、重視するポイントはなんでしょうか。後悔しな

more

賃貸マンションの選び方を知っておく

夫婦やカップルは、二人暮らしを始めたり、親元から離れて独立したい人は、賃貸マンションの入居を検討して

more

賃貸管理をプロに依頼するメリットとデメリット

賃貸管理とは、賃貸物件の管理業務のことです。具体的にいうと、賃貸物件のメンテナンスや保守に加えて入居者の対応などのこと。現在は、老後の生活費を確保するためや、本業以外の収入ルートを確保するために家を他人に貸して収益を上げるのが人気です。その賃貸物件を管理する場合に、自分で行う方法と他人に行ってもらう方法の2種類があります。プロに賃貸管理をお願いした場合のメリットは、入居者からのクレームによる苦痛が軽減されるということが挙げられます。賃貸物件により収益を上げる際には、入居者から、たとえば「隣の人が奇声を上げて寝られない」なんていうクレームがあるでしょう。自分で不動産を管理している場合で、それに対応する時には、クレームをいっている人から怒りをぶつけられてしまい精神が消耗してしまいます。プロに対応してもらえれば、そういったことで悩む回数が少なくなるので精神安定が図られ、新たなビジネス展開を考えるために時間を割いたり、私生活を満喫するための時間を作ることができたりするのです。また、プロに不動産の管理業務を依頼すると建物の快適性が向上します。たとえば、常に掃除されているので建物が綺麗なので、入居者が気持ちよく過ごすことができるようになるということです。建物の快適性が向上すると、入居者の満足度もアップするので、空き部屋ができることによる収入ダウンを回避しやすくなります。安定した収益が見込めるようになる結果、新たな建物を購入することにより、収益をさらに上げることもできるようになるでしょう。デメリットをいえば、管理業務をプロにお願いした場合には、費用がかかるということです。プロに賃貸管理を依頼した場合の手数料はおおよそ家賃の5パーセント。負担が大きいと判断するかそうでないと考えるかは大家次第です。ただ、先にいったメリットを考えるとデメリットはたいしたことではないと判断する人も多いのが現状です。

電気炉

ハーモフィル株式会社
現場の見える化を実現したい企業様におすすめのシステムをご用意しております

新宿 撮影スタジオ

完全予約制のDH TOKYO TATTOO WORKS
完全予約制のためデザインなどもじっくり話し合えますし、混雑なども心配せずに済みます。

様々な自動水栓を販売中!
蛇口に触れなくても手を洗える水栓装置がオススメです。

Page Top